ドンガリンゴP (Kinra) の ひみつきち です。
かってに はいっても いいですけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦士よ眠れ~明日へのZZZ(2):あれ!VY1も使ってた!

どうも、小さい頃母から「おまえは寝てるときよく夸父追日のポーズをしてたわ」って言われるほど
寝相の悪いドンガリンゴPです。
中国神話に詳しくない方々のためにもっと分かりやすい例を挙げますとマリオジャンプのポーズです。

前回から引き続き、調声に力を入れたと自称した新曲の調声について書きます。
が、その前にちょっと入れたい余談があります。

■自分の曲は自分にとって自分にしか湧かないイメージがある

これはいい話なのか困った話なのか正直迷うけど、
曲の製作中に何かのものに多く接触すると、
後に曲を聴くときはどうしてもその経験のイメージが湧く。

こないだSoundCloudに上げた「彷徨える自由という名の孤独」は
KOF2002の動画を見すぎちゃって妄想が暴走して作ったんだから、
曲自体はKOF2002っぽくはないにもかかわらず、
聴くたびにKOF2002のイメージが湧いてしまう。

ゲームBGMごっこなんだから、それくらい極自然のことだろうって思われるかもしれないけど、
まったく参考にしてなかった経験も、作品を聴き直す度に浮かび上がる。
アメバコ展開図」の場合は、CGIゲームの「ENDLESS BATTLE」。
ジオセントリズム」の場合は、「商業曲はつまらないな」と聞いて「商業曲はすごいだろ!商業曲はつまらないって決まってるという前提で聴いてるからつまらないんだよ!」と反論した夏休み。
1imb0」の場合は、学生寮の暗い裏口から出ると買えた脂っこいフライドチキン。

・・・と、ここまで言えばわかるかもしれないが、
ボーカロイド音楽の新しい可能性を模索する実験のつもりで作成した曲なのに、
よりによって作者本人の中でフライドチキンのイメージが一番強い。ひどい話だろう。

だけどね、そのフライドチキンを食べるために夜中で寮の裏口を通らなかったら、
「1imb0」という曲は生まれなかったのも事実だ。
アーティストだからって、精神こそ崇高で物質的満足は価値の低いものだと差別したらいけないよ、
って大学のヨーロッパ文学史の教授も言ってました。
むしろそのヨーロッパ文学史の授業についてはこの一言しか覚えてない。それだけ大事な考えなんです。

精神にも物質にもちゃんと興味を持たないと、いいアーティストにはなれない。まる。

■一方、今回の新曲は

製作があまりにも長引きしすぎて、特定のイメージが思いつかなくなっちゃった。
まあ、時間経てばいずれ何かわかるでしょう。ご期待ください私。

■というわけで調声

なんちゅう強引な進め方だ。

ここで、VSQXファイルを公開するついでに、お詫びをしたいと思います。
この曲のボーカル、実はVY1V3も使ってました。
調声が8ヶ月前に終わったせいで、記事のために再びファイルを開けたまで忘れてました。
クレジットが不完全なものになってしまって大変申し訳ありません。

※ちなみにVSQXをエディターで再生してみるとわかりますが、
 コーラスの一部はミキシング中でボツになりました。オケに合わなかったので。

「ZZZ」の調声は、一言でいえば「ひねってひねってひねりまくる」です。
とにかく、どんな音でも素直に入力しないこと。
ネタ曲ということで、調声を始めた当時に目指していたのは、
とんねるずの木梨憲武さんが子門真人氏の物真似で唄った
仮面ノリダーぶっとばすぞのテーマ」だったので
しばらくは子門真人式調声法って呼んでたけど、
いくらなんでもそこまでひねって唄ってない子門さんに失礼なのでやめました。
私の調声もノリダーほどひねってないけどね。

ひねり方は簡単にいうと、
一文字を2~3音にバラして、更に頭としっぽを別の母音に変えるのでした。
「く」のはずなのに「かぅ」って唄う歌手って結構いるだろう?風が強くなる度に真似される某アニキとか。
バラして打てばなんとなく力入れて唄ってるように聴こえるってのは、
昔からわかっていたテクニックなので、ひねりのついでに滑舌向上効果もある。
むしろひねりが短すぎてわからない所もあって、そういう場合は滑舌向上効果しか感じられない。
(ここで滑舌向上というのは「もっと強く子音を出してるように聞こえる」であって
「もっと正確に発音してる」ではないのでご了承ください)

一文字を頭・真ん中・しっぽにバラした場合、
真ん中は元々言わせたい母音、頭は子音と別の母音、まではわかりやすいけど、
しっぽの方は、また別の母音を入れる場合もあれば、
まったく違う音を一瞬だけ入れる場合もある。
「かぉー(こー)」を唄っていればしっぽに「わ」をつけて「かぉーゎ」にすれば、
なんかちゃんとこのフレーズをシメた感じになる(説明になってない)。

せっかくバラしたんだから、母音の置き換えのほかに音程も揺れさせた。
VSQXファイルを見れば、「こんなに唄ってたっけ」って思われるほど、
理論上の曲調に無い音程が入ってたけど、
それらは繋ぎのポルタメントだけじゃなく、音符のインパクトを上げる為でもある。
ひねる調声サンプル
こんな風に、1番の「牙を」という歌詞を唄わせるのに、
実際に入力したのは「きゅぃんぶぁを」みたいなフレーズです。
「ば」に力を入れさせたいので、一瞬の無声音から始めさせることで、
ちょっとだけ溜めの入った「ば」にする。
更に、曲調は「シ・シ・ラ」という簡単なものだけど、実際に入力したのは「ラシ・ミファ♯シ・ラ」だった。
一番目のシはそのまま唄わせると唄い出しが味気ないから、
アクセルを踏むようにちょっと低い音から始めさせる。
フレーズの唄いだしだけじゃなく、フレーズ途中の言葉にも使える。
二番目のシはそのまま唄わせるとパワーが足りないから、
もっと上のところで一瞬にトリルをさせてからシに「落下」させることで勢いを付ける。
このように、一文字の途中に譜面に無い急降下・急上昇を入れるのは結構使えるテクニックです。
案外自分が想像したよりも誇張した音程変化を入れても、そんなに音が外れてるようには聞こえないので、
皆さんも是非試してみてくださいね。

ちなみに、これはVOCALOID3以前のどのボーカロイドにも通用する話ですが、
(VOCALOID4はまだデモすら聴いてないのでわかりません)
ボーカロイドの子音は人間より短い傾向がある。
というか、人間は子音を短く唄うことも長く唄うこともできて、
そのフィーチャーを現時点でのVOCALOID技術では再現されていないのだろう。
特に「ば・ぱ・た・だ・か・が」のような破裂音は大抵一瞬にしかないので、
滑舌が悪く聞こえる要因にもなっている。
「ZZZ」の調声は滑舌を誇張させるのが狙いだったので、いろんな対策をしました。

●「ば・ぱ」:無声音を一瞬入れる。これは一番効果が薄い気がする。
●「か」:[k]の代わりに[k']を使う。要するに「かきくけこ」を「きゃききゅきぇきょ」に変える。長さは大して変わらないが、「い」に移るために発声位置が高くなるから、周波数もちょっと高くなって、オケに埋もれにくくなる。言わば「キンキン音」と「カンカン音」の違い(言わないよ)。ちなみに「が」は対策が必要な場面が少なかったので「ぎゃ」行はあまり使わなかった記憶がある。
●「た・だ」:破裂音[t][d]の代わりに破擦音[ts][dz]を使う。要するに「つぁつぃつつぇつぉ・づぁづぃづづぇづぉ」に変える。これはおそらく今回の最大の特徴で、plurk上でフォロワーから「ZZZらしい」と言われてます。リアルでこんな風に唄ってるシンガーも結構いるんじゃないでしょうか。

他にもなかなかくっきり唄われない「あ・い・え・お」の代わりに「は・ひ・へ・ほ」を使ってますが、
これはもうしょっちゅう使ってるテクニックです。(「う」に「ふ」は通用しない)
「ん」のケースだと、[M][n] にバラしてから [M] を [? M] にするという手も使ってます。

■お詫びその2

実は、VSQXファイルを開けなかったせいで忘れたのは、VY1へのクレジットだけじゃなかった。
元々私が書いた歌詞は、「日が暮れて夜訪れ」だったんですが、
HDDが壊れたせいで、元の歌詞ファイルが紛失してしまったので、
既に出来上がってるミックスを聞きながら、PVの字幕を作っていたんです。
それのせいで、曲調に入りきれないからズルをして一瞬だけ唄わせた「る」は、
本当に字幕から脱落してしまったんだ。

・・・とはいえ、上記の調声法のせいで、
フレーズの最後尾に歌詞に無い音が入ってるのが普通になってしまったので、
VSQXファイルを見ながら字幕を作ったとして、「る」は見過ごされるだろう。
実際、どこかのフレーズでシメとして短い[ru]を入れた気がする。

■ら行の使いやすさといえば

EAさんから聞かれてましたが、
二番の2回目の「寝ッrrrrrrろーををををーー」はこうなってます。
ねrrrrろ
なにも難しいことをやってない。ただのDYNの弱い「ろろろろ」でした。
むしろ毎回の「ろーをーーー」のほうが面倒です。
普通に「ろ」と「を」つなげるだけじゃ途切れてしまうから。

というわけで今回のZZZ記事もここで途切れることになります。
次回からはPVメイキング!考えるだけでもめんどくさい!書きたくない!ではでは。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/01(木) 17:56:39|
  2. さくひん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戦士よ眠れ~明日へのZZZ(3):ボカロ曲アニメ化ごっこ | ホーム | 戦士よ眠れ~明日へのZZZ(1):ボツから蘇った曲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinra.blog112.fc2.com/tb.php/63-f14dc218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Kinra

Kinra
通称ドンガリンゴP。でも好きなものはリンゴじゃなくて、言語です。今は訳者として毎日いろんな言語と戯れてます。そして極たまに、曲を作ったりもします。
Twitter: lwanvonling

LATEST TOPICS

LATEST COMMENTS

CATEGORIES

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

BRANCHES

ARTICLES

全ての記事を表示する

VISITS

BANNER


しばらくこれで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。